イベント情報

  1. ホーム
  2. イベント情報
  3. 企画展
  4. <次回予告>味な世の中

<次回予告>味な世の中

和田邦坊画業館は、展示作業期間中は<閉室>いたします。当館は常設展示室がありません。つきまして、作品の観覧は次回企画展までお待ちください。※併設する灸まん美術館ギャラリー(貸館)やカフェ・コンピーラーは営業しております。火曜日・水曜日は休館です。ご来館の際はHPやお電話にてご確認ください。

次回予告


企画展

和田邦坊画業館コレクション展vol.5 
味な世の中―和田邦坊の眼差し―
    
会 期     
第1部 2022年1月2日(日)~5月8日(日)
第2部 2022年6月4日(土)~10月2日(日)

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 

感染症の拡⼤防⽌のため、展覧会の中止または変更の可能性があります。
ご来館前に公式HPやお電話でご確認ください。
ご来館の際は、マスクの着用とアルコール消毒にご協力ください。

第1部と第2部は内容を変えてご紹介いたします。 

休館日     火曜日・水曜日・年末年始(2021年12月29日~2022年1月1日)展示替え期間(2021年5月9日~6月3日)
         
場 所  和田邦坊画業館/灸まん美術館

入館料 一般500円、65歳以上の方・身体障害者手帳等をお持ちの方は300円    小中高大生・無料

 

味な世の中といふ、面白い言葉だ。

ニヤリとわらつて苦笑であつても面白い。

 

2022年、寅年。和田邦坊がこの世を去って30年になります。1992年に他界した邦坊は、享年93歳。明治・大正・昭和・平成の4つの時代を生きた人物でした。その人生は新聞漫画家、小説家、デザイナー、商業プロデューサー、画家など多彩なキャリアに溢れています。戦前は、ユーモラスな漫画を武器に新聞や雑誌で大活躍!小説家としても成功し、映画化した作品『ウチの女房にゃ髭がある』は主題歌も大ヒットします。「パピプペ、パピプペ、パピプペポ―♪」というユニークな歌詞は、知る人ぞ知る昭和を代表する歌謡曲として歌い継がれています。戦後は、東京時代のセンスを活かして、地元の物産品のプロデュースに尽力します。また、当時の香川県知事からの熱いオファーを受けて様々な県事業に関わるようになります。

本展覧会は、時代の時々で邦坊が見て感じ、そして生み出した作品を様々なエピソードや写真とともに紹介いたします。また、修理を経て初公開となる絵画作品も登場します。ちなみに『味な世の中』とは、邦坊が手掛けた出版物のタイトルです。しょっぱい話、苦い思い出、甘い誘惑、さっぱりした記憶などなど。邦坊の人生を通して生まれた風味豊かな作品をご笑味・ご堪能ください。

 

 

ミュージアムトーク

担当学芸員が楽しく展覧会の見どころを解説いたします。
解説用のマイクを導入しました!マスク着用のうえ距離を保ちながらご案内させていただきます。

①2022年1月8日(土) ②2月12日(土) 

③3月12日(土) ④4月9日(土) ⑤5月7日(土)

各日14:00 約45分 

参加費無料(要入館料)、申込不要、人数制限あり

マスク着用・アルコール消毒にご協力ください。
感染症の拡大防止のため中止・変更の可能性があります。 事前にHPやSNSなどで開催についてご確認ください


灸まん美術館 電話 0877-75-3000