イベント情報

  1. ホーム
  2. イベント情報
  3. 企画展
  4. <予告> 讃岐の画家、和田邦坊   

<予告> 讃岐の画家、和田邦坊   

次回企画展

和田邦坊画業館コレクション展vol.4

讃岐の画家、和田邦坊    

第1部 2021年5月1日(土)~7月25日(日)

第2部 2021年8月12日(木)~11月14日(日)

休館日  火曜日・水曜日 ※展示替え期間 2021年7月26日(月)~8月11日(水)        

場 所  和田邦坊画業館/灸まん美術館

入館料  一般500円、65歳以上の方・身体障害者手帳等をお持ちの方は300円  、小中高大生・無料

感染症の拡⼤防⽌のため、展覧会の中止または変更の可能性があります。 ご来館前に公式HPやお電話でご確認ください。また、マスクの着用とアルコール消毒にご協力ください。 

 

Discover the good old KAGAWA 

さよなら東京、ただいま香川

昭和13年(1938)邦坊は、戦況悪化と体調不良のため琴平に帰郷し、農事講習所の教員をしながら画家としての活動を始めます。多忙な東京生活から解放され、ようやく手に入れた時間。それは、疲れた心と体を癒し、もっと絵を描きたいという画欲に満ちたものになりました。 邦坊は「画家でありたい」と言い続けた人物ですが、意外にも個展は1度きりしか行わず公募展にも参加したことはありません。邦坊いわく、新聞漫画家という“絵描き”の仕事で一世風靡したものの、締め切りに追われて生活が破綻。健康と引き換えに得た成功から、世の中は名誉でも金でもないということを悟ったといいます。 邦坊にとって東京で味わった栄光と挫折は、時に人生を肯定する自信となり、また人の痛みや悲しみを知る心を作り、すべての創作物を支える原動力となりました。今回の展示では、東京での活躍が分かる初公開の新聞や雑誌の資料(渋沢栄一の取材記事など)とともに、邦坊の世界観が詰まった香川での画業を紹介いたします。

 

 


左から 《当代人気者漫画探訪記》和田邦坊旧蔵品・切り抜き記事部分、《朝霧》絵画、《夏安居》絵画、《野菜三笑河童》絵画

初公開


和田邦坊《喝破》昭和49年 
五色台にある公益財団法人喝破道場のために描き下ろした作品。邦坊は、道場設立に奔走していた野田大燈氏の活動に賛同し、施設名を考えるなどの協力をしています。「喝破」とは、カッパと読み、心理を明らかにするという禅語になります。そこから、妖怪の河童と連想させて、道場のイメージキャラクターとして様々な河童の姿を描いたといいます。


関連イベント・ミュージアムトーク

担当学芸員が楽しく展覧会の見どころを解説いたします。

①2021年5月8日(土) 

②2021年6月12日(土) 

③2021年7月10日(土) 

各日14:00 約45分  参加費無料(要入館料)、申込不要、人数制限あり 

マスク着用・アルコール消毒にご協力ください。

感染症の拡大防止のため中止・変更の可能性があります。 事前にHPやSNSなどで開催についてご確認ください。

灸まん美術館 電話 0877-75-3000